ゆうゆう館(ゆうゆう広場)再開 協働事業再開
利用条件緩和 のお知らせ
6月4日の杉並区からの通達により、ゆうゆう館(ゆうゆう広場)は6月8日から再開しております。協働事業は7月から一部再開いたします。6月19日の休業要請解除に伴い、利用条件が一部緩和されました。
●具体的な日程は以下のとおり

(0)6月8日(月)から再開。時間は従来通り9時〜21時
(1)6月8日(月)〜6月14日(日)の間は
  • 各団体が既に予約している利用枠のみでの利用に限定
  • 通常の団体活動は不可、当面の活動方針を話し合うミーティグの場としてのみ利用可  
(2)6月15日(月)以降 6月12日には「ステップ3」に移行済み
  • 一般利用、団体利用、目的外使用が可能
(3)6月19日(月)以後 6月19日「休業要請解除」
  • 利用条件が一部緩和されます。
(4)7月から協働事業が一部再開

●利用に際しての注意事項(6月19日まで)

  • 1〜2m程度のソーシャルディスタンスの確保ができないものや、大声での発声、歌唱等が生じるものなど一部利用制限がある。
  • 館内におけるマスク着用の徹底
  • 入館時の手指消毒の徹底
  • 発熱、著しい咳やくしゃみ、のどの痛みなどの症状がある場合は利用不可。
    ※検温実施予定
  • 館内では、人と人との間隔を1〜2m程度確保する。
  • 当面の間、利用人数は各部屋の定員の概ね1/2以下まで。
    ※ゆうゆう広場では、洋室1は12名、洋室2及び洋室3は各8名となる
  • 適宜(利用の前後等)窓を開け、換気を行うこと。
  • 茶器等の使用不可。給茶機も使用不可(該当館のみ)
  • 熱中症予防や水分補給のため、飲料の持ち込みは可。
●利用できない活動としていた内容の一部緩和(6月19日以後)

(緩和前)
  • 大正琴、ウクレレ等の演奏(※歌唱が伴う場合は不可)
  • コーラス、カラオケ、民謡、詩吟、スポーツ吹矢など、大声での発声、歌唱等が生じたり、飛沫感染の恐れがある活動
  • 社交ダンスなどソーシャルディスタンスが確保できない活動
(緩和後)
  • コーラス、カラオケ、民謡、詩吟等歌唱を伴う活動については、マスクを着用し、人の配置を横並びにするなどして、ソーシャルディスタンス(1m〜2m)を確保したうえで、活動できます。これに加え、カラオケは、マイクを使用前に利用者が消毒することを条件に活動できます。
  • 社交ダンスなど、ソーシャルディスタンスが確保できない活動は、その場でステップを踏む、シャドーを行うなど、活動内容を変更した場合に利用できることとします。ただし、ソーシャルディスタンスの確保は必要です。
  • スポーツ吹矢は利用できません。
●協働事業について
不明な点は、ゆうゆう広場にお問い合わせください。
03−6913−5270 わくわくネット