杉並区受託事業
  
    

  認知症予防教室

    

 脳も体も健康!パソコン&ウォーキング教室

 

  杉並区の主催する認知症予防教室の一つです。

認知症予防教室とは、65歳以上の方が認知症を予防するため、新しいことに挑戦することを目指した教室です。ウォーキングと脳を鍛える活動(読み聞かせ・旅行・料理・園芸・パソコン)をグループで楽しく行います。
認知症を予防するためには[有酸素運動」「頭を積極的に使う」ことの習慣化、そして、それを仲間と長く続けることが大切です。仲間と一緒に認知症に強い脳を作りましょう!
                               ・・・・広報すぎなみ 2013年6月1日号より・・・・
 

  認知症は予防できるか?

             
認知症は、誰でもなる可能j性のある脳の病気の症状の一種です。以前では、予防はできないと考えられてきました。現在でも予防は不可能ですが、発症を遅らせることができ、死の直前まで自分らしくしっかりとした意識を持って、正常な社会生活を維持することが可能になってきています。つまり発症を遅らせることが認知症の予防になるのです。
認知症を予防するためには生理的側面としての[運動」「食生活」、認知的側面として「頭を積極的に使う」こと「仲間との交流・社会との関わりの維持」の両面から予防を行う必要があります            
 

  脳も体も健康!「パソコン&ウォーキング教室」とは

グループで仲間と楽しく語らいの中からミニコミ誌を作ります。 その過程から、パソコンの基礎知識を学んでいきますので、自然と身についていきます。 講師の一方的な講義ではなく、仲間同士で話合いながら、学んで行きますので高齢の初心者でも互いに励まし合い、覚えることが出来ます。 パソコンの学びのかたわら、ウォーキングも交え各個人で目標を持って、ウォーキングの記録を付け仲間とともにその記録の話し合いもすることで、「前向きで新鮮な気持ち」や「ワクワク感」を味わいながら楽しく学ぶ教室です。            
 

  軽度認知症において低下する認知機能

・エピソード記憶・・・・・・・体験したことを覚えていて、あとから思い出す能力
・注意分割機能・・・・・・・複数のことに注意を振り分ける能力
・計画力(思考力)・・・・・手順を考える能力
これら三つの機能をパソコンを仲間と一緒に学び・体験することによって機能の低下を防いでいきます。            
Copyright © 2014 特定非営利活動法人わくわくネット All rights reserved.